蝶-天野月子

地下に潜り穴を掘り続けた
どこに続く穴かは知らずに
土に濡れたスコープを片手に君の腕を探していた
つぎはぎの幸せを寄せ集め蒔きながら君の強さに押し潰されてた


焼けつき焼けつき 剥がれない掌の跡
ちぎれた翼で朱く染まる雲間を裂いて
上手に羽ばたくわたしを見つけて


繭に籠もり描いた永遠は
どこに芽吹き花開くのだろう
朝はやがて闇夜を連れ戻しわたしの眸を奪ってゆく
月灯り
手探りで重ね合い縺れては君の在処になれると信じた


燃え尽き燃え尽き 戻らない約束の場所
ちぎれた痛みで黒く染まる大地を駆けて
上手に羽ばたくわたしを見つけて


叫んでも聞こえぬなら その手で壊してほしい
まだわたしを『わたし』と呼べるうちに
抱き止める君の腕が穏やかな塵に変わる
ただ静かに天を仰いだ


焼けつき焼けつき 剥がれない掌の跡
ちぎれた翼で朱く染まる雲間を裂いて
燃え尽き燃え尽き 戻らない約束の場所
上手に羽ばたくわたしを見つけて

繼續閲讀 »

噗浪上癮中

比MSN好用
但網頁會當機

繼續閲讀 »